カテゴリー別アーカイブ: シャインズ通信

【シャインズ通信vol.16】 今の人生は過去の選択によって造られている

シャインズ通信

  今の人生は過去の選択によって造られている   この言葉を聞いたとき、 ドキッとしました。     自分の人生の責任は自分にある、 そんなことを感じました。   生きるために必要な力   私は、人が生きていく上で自分で選び決める力つまり 「自己選択力」がとても大事だと考えています。       これまでに塾の教師として何百人もの生徒を指導してきましたが、 自分で決めれない子が多い印象を持ちました。     選択力はいつ養われる?   この自己選択力は小さい頃に養われます。     何かを決めるときに、親が決めるのではなく、 子どもに決めさせることが重要です。       そのときのポイントの1つは、 2択にするということ。       今日着る服も、履く靴も、遊ぶオモチャも、 ご飯も、2択にして自分で選び決めさせる。     これだけで自己選択力が身に付きます。     いくつかの選択肢の中から「どれがいい?」と選ばせることは、 5歳以下の子どもには難しいことが多いです。     親が待てないことが多い   選べずにモジモジしている子どもに対して 「どれがいいの?早く決めなさい」と催促したり、 「はい。あなたはこれが好きでしょ。だからこれね」 と親が決めてしまったりする場面を私は多く見てきました。       親は良かれと思ってやっていると思いますが、 自己選択力を鍛えるという面で見えれば、 子どもの成長する機会を奪ってしまっているということになります。       小学生以下の子どもには、 たくさんの選択肢の中から選ばせるための質問は 難しいということを大人は理解しておく必要がある、 と私は考えます。     選択力を身につけて豊かな人生を   私の経験上、 自分で決めることができ 決断の早い子の方が成績が優秀であることが多いです。     「選択が変われば人生が変わる」 そんな風にも感じます。     子どもたちが自分で選択する力を身に付けて、 素晴らしい未来を造っていくことを心から願っています。     今月の1枚   今月は七五三のシーズンで 全国各地たくさんの神社に伺い 多くのご家族とご縁をいただきました。 どの家族もみんな素敵で 1枚を選ぶのは本当に大変!     その中で今月はいわき市で ご依頼をいただいた3歳女の子の七五三写真です。     実は、この子は2年前の1歳の時にも ご縁があって公園でママとの写真を撮影させていただきました。     2年ぶりの再会でした。 とっても大きくなっていて ますます可愛くなっていました。     こんな風に一度撮影のご依頼をいただいたご家族と ご縁がつながってお子様の成長を見れるって 本当に素敵なことだと改めて感謝の気持ちになりました。     七五三おめでとう!     健やかに成長して欲しいと心から願っています。         七五三の家族写真撮影   家族写真撮影カメラマンシャインズいわきでは 七五三の家族写真撮影を承っております。   ご依頼いただきましたら、全国どこへでも伺います。 お気軽にお問い合わせくださいね!       撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む

【シャインズ通信vol.15】 週末の公園で感じたこと

シャインズ通信

  週末によく行く場所   週末は撮影依頼があるので、 公園や神社にいることが とても多いです。     週末の公園は 家族連れが多いですね。 ⁡   先日も公園で 撮影をしていたときのことです。   前の日は雨でした。   前日が雨でした。     公園には所々 小さな水たまりがあります。     遊具も 濡れているものもあります。     怪獣のような子どもたちがやってきた   それでも、⁡ 公園に到着した 子どもたちは アドレナリン出まくりなのか ハイテンションです!     すべり台 ジャングルジム ブランコに 目をキラキラさせています。     さて、 はしゃぐ子どもたちに 公園に着いて ママが発した第一声は?   ママの口癖   「水たまり入っちゃダメだよ」 「走ったらダメ」 ⁡「濡れるからダメ」     ダメダメダメダメダメ・・・     気持ちはわかるけど お母さんの口から出てくる 言葉の8割くらいが 禁止や命令の言葉でした。。。   禁止ばかりされる子どもたち   ある教育学者によれば 家庭の中で 子どもは11回のうち 10回はダメなどと禁止の 言葉を受けているとのこと。     子どもは未熟だから 大人が見守らないといけないし 社会のルールを 教える必要はあると思います。     でも、 自分のやることなすこと ダメ、ダメ、ダメと 言われ続けた子どもは 大きくなったら どんな風になるんだろう。     言葉は慎重に選びたい   言葉は 心の栄養です。 これじゃぁ、 心が枯れちゃう と僕は思います。     僕は前職が塾の教師でした。     当時の僕もついつい 禁止や命令の言葉を 言ってしまっていました。     つまり、 子どもたちの心を 枯らしていました。     もうこれって 無意識に口癖になってるって 感じました。     意識しないと 改善するのは難しいです。     ある時から 禁止や命令の言葉を 他の言葉に 置き換えるように意識しました。     そこから、 子どもたちの反応が 劇的に変わりました。     人間だからつい、 イラッとしたり ムカっとしたり することはあります。     でも、 感情も言葉も 私たちは自分で選択出来ます!     だったら 良い言葉を選択したいと思う。。。     そんなことを 週末の公園で感じました。 今月の1枚   今月の1枚を選ぶのは大変でした。 今月だけで何十組というご家族の写真撮影をさせていただきました。 みんな素敵でした。     その中でも、 今月はハッピーハロウィン撮影会で福岡に伺いました🎃     たくさんの方にご参加いただきました。 みんな可愛いコスプレで本当に楽しかったです👻     その中でも 可愛すぎる3姉妹を今月の1枚に選ばさせていただきました😌     明るくて笑顔が素敵で天真爛漫という言葉がピッタリの姉妹たち。     初めて会ったのに仲良くしてくれるほど人懐っこくって可愛らしい。 本当に素敵な出会いでした。   全国各地で人とのご縁をいただくことに感謝の気持ちでいっぱいです。     七五三の家族写真撮影   家族写真撮影カメラマンシャインズいわきでは 七五三の家族写真撮影を承っております。   ご依頼いただきましたら、全国どこへでも伺います。 お気軽にお問い合わせくださいね!       撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む

【シャインズ通信vol.14】 ドキッとした言葉

ウェディングフォト

  今の人生は過去の選択によって造られている   「今の人生は過去の選択によって造られている」   この言葉を聞いたとき、 ドキッとしました。     自分の人生の責任は自分にある、 そんなことを感じました。   人生における大切な力   私は、 人が生きていく上で 自分で選び決める力つまり 「自己選択力」が とても大事だと考えています。     これまでに塾の教師として 何百人もの生徒を指導してきましたが、 自分で決めれない子が多い印象を持ちました。     この自己選択力は小さい頃に養われます。   選択力を養うコツ   何かを決めるときに、 親が決めるのではなく、 子どもに決めさせることが重要です。     そのときのポイントの1つは、 2択にするということです。 今日着る服も、 履く靴も、 遊ぶオモチャも、 ご飯も、 2択にして自分で選び決めさせる。   これだけで 自己選択力が身に付きます。   子どもにとって難しいことを認識する   いくつかの選択肢の中から 「どれがいい?」と選ばせることは、 5歳以下の子どもには難しいことが多いです。   でも、選べずにモジモジしている子どもに対して 「どれがいいの?早く決めなさい」と催促したり、 「はい。あなたはこれが好きでしょ。だからこれね」 と親が決めてしまったりする場面を私は多く見てきました。 親は良かれと思ってやっていると思いますが、 自己選択力を鍛えるという面で見えれば、 子どもの成長する機会を奪ってしまっている ということになります。   選択力と成績には密接な繋がりがある?   小学生以下の子どもには、 たくさんの選択肢の中から 選ばせるための質問は 難しいということを 大人は理解しておく必要がある、 と私は考えます。   私の経験上、 自分で決めることができ 決断の早い子の方が 成績が優秀であることが多かったです。   「選択が変われば人生が変わる」 そんな風にも感じます。   子どもたちが自分で選択する力を身に付けて、 素晴らしい未来を造っていくことを心から願っています。   今月の1枚   今月は、福島県の郡山市にある布引風の丘で ひまわり撮影会を開催しました🌻     当日は、あいにくの雨。 しかも標高の高い場所だから 霧もすごくて視界は最悪😂     「あぁ、中止かなぁ」と思っていたんですが 依頼者からは「雨でもお願いします!」と😲     とても嬉しいメッセージでした! 雨でも最高の思い出を作ってもらおう! とシャッターを押すのにもいつも以上に気合が入ります💪     雨で濡れるし、寒いので短期勝負! こんな悪条件でも、依頼者のご夫婦は嫌な表情を全く見せることなく、僕の無茶振りも快く応えてくれました😢     雨の日には雨の日にしか撮れない写真の良さがあります📷 小さい子どもがいると雨の日の撮影はなかなか難しいかもですが、ぜひ雨の日の撮影も楽しんでみてくださいね🎶       七五三の家族写真撮影   家族写真撮影カメラマンシャインズいわきでは 七五三の家族写真撮影を承っております。   ご依頼いただきましたら、全国どこへでも伺います。 お気軽にお問い合わせくださいね!       撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む

【シャインズ通信vol.13】 4歳の七五三

4歳の七五三

  一件のLINE通知がありました。   2021年の5月。 太陽が西に傾きかけた頃に一通のLINEが入りました。     「七五三の撮影をお願いできますか?」     ‘あれ?七五三シーズンじゃないのに珍しいな’ と思いながら撮影をお受け致しました。   4歳の七五三   兄と妹の2人兄弟。 家族4人の七五三撮影。   これは賑やかになるぞ! と楽しい気持ちになっていました。     お母さんと何通かLINEをやりとりしているうちに 兄が5歳。そして妹が4歳ということがわかりました。     本来、女の子は3歳になったときが七五三。 なぜ、今年になって七五三なのか?   念願叶っての七五三   この子は去年、難病にかかったとのことでした。 約1年の闘病生活。     同い年の子どもたちは、 素敵な晴れ着に身を包み七五三を祝うなか、 自分は病院のベッド上。 とっても辛かったと思います。 本人も親御さまも。   3歳の女の子が背負うにはあまりにも重たい。     それでも、彼女は病気に勝ちました。   1年の闘病の末、 退院することができて、 念願叶っての七五三です!     ご依頼をくれたお母さんは、   「泣いてしまわないか心配です」   などとおっしゃっておりました。   生命力いっぱいの七五三   撮影前日は雨。 まるで、神さまがこの子のために 祝福の涙を流しているかのようでした。   さらに、撮影当日は、晴天!     こんな素敵な日に 数あるカメラマンから シャインズをご指名いただけたこと。 なんてすごいご縁なんだろう。 感謝してもしきれないです。     もちろん ご依頼いただいた全てのご家族は 大切な出会いだし 毎回の撮影に感謝の気持ちを持って 全力で挑んでおりますが、 今回はいつも以上に想いが 込み上げてきていました。       初めて会った子どもたちは、 息子さんも、娘さんも天使か? と思えるくらい、可愛くて明るくて元気で。     強く逞しく生きる姿は 太陽のように眩しかったです。       難病に打ち勝ち、 笑顔いっぱい着物ではしゃぐ姿は、 眩しくて眩しくて、 ファインダーを覗きながら 私の方が泣いてしまいそうでした。   七五三撮影   七五三は、 7歳、5歳、3歳の節目に子どもの成長を祝い、 長寿と幸福を祈願するために行われる伝統的な儀式です。     子どもを見ていると思います。 子どもの成長は本当に早い、と。 1年で心も身体もずいぶん大きくなります。     そんなとき、 自分はどうだろうか? と省みることが多々あります。     自分が成長しなければ、 子どもを成長させることはできない、 と私は思います。     難病に打ち勝ったこの子の強さを見習って、 私も一度きりの人生を精一杯生きようと感じました。   今月の1枚   茨城県の鹿島神宮で撮影した 七五三の家族写真を掲載させていただきます。       神社も素敵な神社だったけど このご家族もすごく素敵な家族でした。     勝手にファンになってしまいました。 これからもお子さまの健やかな成長を 心から願っております。         七五三の家族写真撮影   もうすぐ七五三の時期ですね。 家族写真撮影カメラマンシャインズいわきでは 七五三の家族写真撮影を承っております。   ご依頼いただきましたら、全国どこへでも伺います。 お気軽にお問い合わせくださいね!       撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む

【シャインズ通信vol.12】おまえなんて、産まなければよかった

シャインズ通信

  おまえなんて、産まなければよかった   「おまえなんて、産まなければよかった」 書籍「ハッピーバースデー」はこのセリフから始まります。 20年以上前、中学生だった私は夏休みにこの本と出会います。       タイトルからはかけ離れた衝撃的な言葉。 思春期だった当時の私は心臓を鷲掴みにされるくらい苦しい気持ちになったことを今でも覚えています。   声を失った少女あすか   これは、11歳の少女・あすかが誕生日に実の母親から言われた言葉です。 衝撃のあまり、あすかは声を失います。   その後、優しい祖父母の元で自然の営みに触れ、「いのち」の意味を学ぶあすかの成長を描く。 「ハッピーバースデー」はそんな物語です。       当時の私はこの本を読んでいる最中に苦しくて苦しくて涙が止まりませんでした。   さらに、衝撃だったのがこれは実話を元にしているということ。 自分の誕生日に実の母親から「おまえなんて、産まなければよかった」と言われる。 どれだけ辛いことでしょうか。     想像しただけでも震えます。   我が子を愛せなかった母親   この世に生まれて来ない方が良い人なんていません。 命の価値は皆等しく尊いはずです。     実際の母親は「我が子を愛せない」とカウンセラーの元にやってきます。 そこで「子どもを一日一回抱きしめてください」とアドバイスをされました。     それを実践し、継続した結果、「娘が愛おしくなった」となったそうです。   最高の愛情表現   もし、いまこの記事を読んでいるあなたが、 誰かの親だとしたらぜひ我が子を抱きしめてあげてください。     無償の愛が最良の教育です。   言葉に気をつける   「おまえなんて、産まなければよかった」     ここまで極端な言葉でなくても、 親の何気ない一言で傷付き自信を失ってしまう子どもは大勢います。       私は塾の教師をしていました。 「うちの子ダメなんです」 「ノロマ」 「頭が悪い」 「勉強ができない」       悲しいですが このような言葉を子どもにぶつける母親は少なくないです。       言葉は道具でしかないです。 使い方によっては人を傷付ける凶器にも、 人を癒す薬にもなります。       だったら、 愛を伝える道具として使っていきたいと思いませんか?       親から愛された子どもは、人を愛せる人になります。         そしたら、愛の循環社会になりますよね。 私はそんな社会になったらいいな、と心から願っています。       そして、 私が撮影する家族写真がそんな愛を表現する、愛を循環させる何かの役に立てばいいな、 と想い日々シャッターを切っています。     今月の1枚 7月は50組くらいのご家族の撮影をさせていただきました。 その中から1枚を選ぶのはかなり難しかったです。     ですが、7月に誕生日を迎えたお子さまがいらっしゃる、このご家族の写真を今月に1枚にさせていただきました。     札幌で出会った、素敵な親子でした❗️     1歳の誕生日おめでとう✨ 「産まれてきてくれてありがとう」     ひまわり撮影会のご案内   昨年大好評だったひまわり撮影会を今年も開催します✨ ひまわりの開花状況によって日程調整があるかもしれませんが。 詳しくはこちらをご覧ください。 ↓ 撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む

【シャインズ通信vol.11】

シャインズ通信

  親から子への最高のギフト 親が最初に子どもへ贈るものそれが名前です。 親から授かった名前と人は一生付き合っていきます。 何度も目にし 何度も耳にし 何度も書くことになる 自分の名前。 とても大事なものですよね。   日本に昔からある考え方 日本には言霊という考えがあり、 言葉には魂が宿ると信じられていました。 かつての貴族たちが 名前ではなく役職で呼び合っていたのも 名前を呼ばれると魂が吸い取られてしまうと 本気で信じていたからのようですね。 話はそれましたが、 それほど名前は重要なものです。   目頭が熱くなった話 今月、撮影をご依頼いただいたお父さまに息子さんの名前の由来を聞きました。   「どうして〇〇くんって名前にしたんですか?」 「息子には絶対に夢を諦めて欲しくない  自分のやりたいことを追いかける人生を送って欲しい」   そのようなことをおっしゃられました。 きっと親なら誰しもが同じように思うのでしょうが、 そのときの話している様子がとても真剣で熱いものがあり、隣で聞いていた僕の目頭がウルウルしました。   今の彼にはまだわからないだろうけど、 親からもらったこの素晴らしい名前を誇りに持ってスクスクと成長して欲しいと心から願います。 本当に良い出会いがありました。       今月の1枚 最高のパパと夢を諦めず追いかけて欲しい息子さんのお写真です。         撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む

【シャインズ通信vol.10】

シャインズ通信

  大谷翔平選手に学ぶ人生の考え方 大谷翔平選手は、道端に落ちているゴミを拾うときは「運を拾っている」と思っている、そんな話を聞いたことがあります。   ゴミを捨てる人は運を捨てる人、ゴミを拾う人は運を拾う人。 ゴミはゴミでしかないです。 これは事実。   でも、それをどう解釈するかは無数にあるんですね。   僕は大谷翔平選手にはなれないし、彼ほどすごくないです。 でも、彼と同じ考え方で同じように行動することはできます。   だから、今日のお散歩中に運を拾って夢BOXにおいてきました。     自分が家を出たときより家に帰ったとき世の中がちょっとだけ綺麗になっている。 そんな社会になったら嬉しいな。。。。 さて、今日も運を拾いに行こう!   今月の1枚 今月もたくさんの方から写真撮影のご依頼をいただきました。 ありがとうございます。 家族を守ってくれる強く優しい気持ちを持ったお兄ちゃん。 いつも明るく家族を笑顔にしてくれる天使みたいに可愛い妹ちゃん。 七五三おめでとう。 これかも、元気よく健康に成長していってね! また遊ぼうね!!   撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む

【シャインズ通信vol.9】

シャインズ通信

シャインズ通信vol.9 先日はドレス撮影のアンケートにご協力ありがとうございました。 回答いただいた方の中から抽選でAmazonギフト券を送らせていただきした。 多くの方からご協力をいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 まだ、未回答でご協力頂ける方はぜひ、お願いしますね😃 アンケートはこちらから。   近所に住んでいた天使との出会い   さて、今月もたくさんの方から撮影のお問い合わせ、ご依頼をいただきました。 ありがとうございます。 その中でも、お宮参りの撮影依頼をいただきました。 前日の天気は雨予報。どうなるかなぁ、と心配していました。 そんな中、「ピンポーン」とLINEの通知がきました。 ご依頼者様からのLINEです。 (ご依頼者様すみません、いただいたLINEに感動したので転載させてください。) この文面を見て、感動しました。 奇跡の娘。 そんな素晴らしい機会にお宮参りの撮影に立ち会える。 カメラマンなんて、ごまんといるのにその中で僕にご依頼をいただけた。 もう、奇跡なことばっかり。 「明日、絶対晴れろー☀️」と思いました。      翌日、晴天!とはいきませんでしたが、心配された雨は降らず。 ちょっと肌寒さはありましたが、無事撮影を開催することができました。     天使みたいに可愛い娘さん。 最初は寝ていたけど、起きたあとは、笑ったり、泣いたり。 色々な表情を見せてくれました。     その後に、ご自宅にも伺って、衣装チェンジ。 イメージを変えて何枚か撮って撮影終了となりました。    ご夫婦も、ご夫婦のご両親も、本当にみんな優しい素敵な方々でした。 帰りにお土産でタケノコご飯をいただきました🎍 なんで僕がタケノコ好きなの知ってるの? すっごく美味しかったです!ありがとうございました。      そして、家がメッチャ近所! こんな素敵なご家族が近所にいるなんて、なんて光栄なこと。 同じ地域に住むので、末長くお付き合いが出来たら、とっても嬉しいです。 この度は、ご縁をいただき、本当にありがとうございました。 お子様の成長を心より願っております。   ちょっとだけ僕のことを 僕には、姉がいます。 そして、本当は兄がいるはずでした。 残念ながら流産。 次に妊娠したのが僕です。 でも、その僕も産まれて来なかったかもしれないくらい、危険な状態だったそうです。 昔、母から聞いた話です。   それでも、母は頑張ってくれました。 とても大変だったと思います。   でも、母が頑張ってくれたおかげで、今の僕がいます。 だから、僕も奇跡の子なんです!笑   今回の撮影を通じて、命について考える機会をいただきました。 毎日、慌ただしく生活していると、命あることに感謝することを忘れてしまいがちです。 でも、生きてることってすごいこと。 母に感謝しないといけないのに、なかなか伝えられていない。 そんなことを感じました。 本当に、素晴らしいご縁をいただきました。     今月の1枚 もう、僕の大切なお友達です。奇跡の娘。 産まれてきてくれてありがとう。     撮影のご依頼お問い合わせはお気軽にどうぞ。 お問い合わせはLINEからお願いします。 インスタも更新してます! ストーリー多め。フォローお願いします😃   プロフィール   「出張撮影シャインズ」 高木信幸(たかぎのぶゆき) 大手学習塾で教師として勤務。 ママを笑顔にするため・子どもの未来を明るくするために何かできることはないかと独立。 家族写真を撮るときに撮影者が写らないので家族全員が揃った写真がないという悩みを知る。 趣味だったカメラを独学で本格的に学びプロカメラマンとして親子撮影をメインに活動。 また、愛情ある家族写真を撮影してきた子どもは「やる気」や「協調性」などが育まれることも知り、写真撮影が子ども教育にも有効でることに確信を持つ。 写真を通じて社会貢献をするという想いで日々活動。 「シャインズ」は輝く笑顔を撮影するという想いを込めて命名。   普段は東北・北関東を中心にロケーション写真撮影を承っております。 年間100組以上の親子の撮影。 顧客満足度95%以上。 月に撮影10組限定 家族向け「絆フォト」主宰 ママ向けドレス撮影「ママきよら」主宰 新聞・雑誌などに掲載経験あり。  続きを読む